高額で痛みを伴うものの効果がすぐ出やすい医療脱毛に対し、低額で無痛なものの効果に時間がかかるエステ脱毛というそれぞれの特徴に違いがあり、それらを利用時期や部位で使い分けることで効率よく脱毛を行うこともできます。

専門家による脱毛を考えた場合二つの選択肢があります。
美容クリニックなどで行われる医療脱毛とサロンやエステなどで行われるエステ脱毛です。
この二つは同じ脱毛であっても行う施設や施術する専門家が違います。
クリニックは医師法を持った医師が行う脱毛なので、より確実なイメージがありますが、エステ脱毛にも良さがあるのです。
このような違いはクリニックとエステとの間に数多くあるのですが、実際にその違いを挙げてほしいと言われても正しく答えられる人は少ないのではないでしょうか。
今回このクリニックの医療脱毛とエステやサロンで行うエステ脱毛の特徴をそれぞれお話しし、その上で違いは何かについてお話し、併用が可能かどうかも触れていきます。

医療脱毛(クリニック)のメリット・デメリットから見た違い

様々な専門家が手掛ける脱毛はエステ脱毛と対になるような存在として医療脱毛があります。
この美容外科などのクリニックで行われる医療脱毛は確実なイメージがありますが、、医療機関への受診ということで抵抗がある方も少なくはありません。
医療脱毛と言われても実際にどんな方法で脱毛が行われているのか、あるいはどんなことが特徴なのかもよく分からないことが多いのではないでしょうか。
ここでは医療脱毛を選択し、脱毛を考えた場合メリットは何なのかまたデメリットは何なのかを効果や期間、施術するスタッフ、料金や受けた感覚、施設の数についてなどに触れながらお話しし、医療脱毛の特徴を説明してサロン脱毛との違いにも触れていきます。

医療脱毛(クリニック)のメリットから見た違い

メリットは三つあります。
脱毛効果と脱毛完了期間の短さ、スタッフの専門性です。
脱毛効果ですが、医療脱毛の場合、より効果的な高出力によるレーザー脱毛が行われます。
これはエステ脱毛では使えない位の強力な脱毛方法でエステ脱毛にはない違いです。
そう言った機器を使うので脱毛完了期間が短く、エステ脱毛の場合2年近くかかる脱毛も医療脱毛では1年で完了する場合もあります。
そう言ったかかる期間についても違うのです。
また、レーザー脱毛を直接行うのは医師免許を持った医師です。
なので安心して施術を受けることができ、万が一の皮膚トラブルが起きた場合も迅速に対処してくれます。
そう言った充実した体制の有無もエステ脱毛にはない違いと言えます。

医療脱毛(クリニック)のデメリット

医療脱毛にもデメリットはあります。
それはコスト、受けた感覚、施設の数です。
コストは医師が携わり、高度な医療機器を使う都合上どうしても経費が掛かります。
その分が料金にも反映され、サロンの倍以上かかることも珍しくありません。
都市部の相場では40万円以上のコストがかかり、それがエステ脱毛との違いとなっています。
受けた感覚もデメリットです。
高出力の機器を使う都合上、痛みを伴ことも多くデリケートゾーンの脱毛に関しては痛みの処置を行っても苦痛になることもあります。
エステの場合はそこまでの痛みを感じることはありません。
最後に施設数です。
地方都市の場合ほとんど受けられる施設がなかったり、選択肢がありません。
相性の悪いところでも我慢して通院するしかないのです。
それと比較し、エステ脱毛は選択の幅があります。

エステ脱毛(サロン)のメリット・デメリットから見た違い

前の項目でお話しした医療脱毛に対して、エステサロンなどで行われるサロン脱毛があります。
医療脱毛に比べてソフトで、気軽に行けるなどポジティブなイメージがある反面、治療期間が長いことや即効性に欠けるなどネガティブなイメージを持っている方も少なくないはずです。
もちろん多くの方々に支持されているのでエステ脱毛が存在しているわけですから、医療脱毛にはない特徴や違い、メリットがあります。
ここではエステ脱毛の特徴として挙げられるコストやスピード、痛み、期間、対応など様々なメリットやデメリット、特徴などを医療脱毛との違いを挙げながらお話ししていきます。
医療脱毛とエステ脱毛の違いについてもきっと理解していただけるはずです。

エステ脱毛(サロン)のメリットから見た違い

エステ脱毛のメリットはまずコストの安さです。
医療脱毛でも触れましたが、医療脱毛の半額以下で施術を受けられます。
なので、より気軽に脱毛できるのが医療脱毛との違いです。
一回の施術が短いのもメリットです。
医療脱毛は強力な機器を使う分、準備などに時間がかかりますし、医師がマンツーマンで行うので、それも時間のロスになります。
しかしエステ脱毛は複数のスタッフが効率よく施術するのでスピーディーという施設もあり、これが違いとなっています。
最後に痛みがないこと、優しい施術を行う施設が多いので、医療脱毛で感じるような苦痛はありません。
これが最大の違いと言えます。

エステ脱毛(サロン)のデメリットから見た違い

エステ脱毛はデメリットもあります。
即効性がないので、効果が出るのに時間がかかる点です。
スピーディーな施術の分、通う期間も医療脱毛の二倍近くかかる場合もあり、これが違いとなっています。
次が肌のトラブルを起こしてしまった場合の対応です。
医療機関ではないので、いくらエステのスタッフに知識があっても適切な対応がとられない場合もあります。
それが医療脱毛の違いです。
最後が施設によるのですが、勧誘を行ってくるサロンがあることです。
施設が非常に多く、利用者の取り合いになっているため、一部のサロンでは、あの手この手で様々な勧誘を行ってきます。
医療脱毛のクリニックではほとんどそういったことがないので、これも違いと言えます。

医療脱毛(クリニック)とエステ脱毛(サロン)の違い

ここまで美容外科で行う医療脱毛とエステサロンで行うエステ脱毛について、メリットやデメリット、さらに両者の違いについてお話ししてきました。
最後にこれまでお話しした医療脱毛とサロン脱毛の違いについて触れながら違いについて少し具体的にまとめてみます。
二つの脱毛の脱毛方法や効果、痛み、価格や期間に触れながらお話しし、この医療脱毛とエステ脱毛を併用して利用することができるのかどうかについても回答し、その効果やより効率的に併用する方法を説明していきます。
やはり二つを効率よく利用できればメリットも更に生かされ、より快適に脱毛を行うことができるはずです。
安く、速く、快適に脱毛できれば理想なのではないでしょうか。

両者の違いをまとめてみると

方法ですが、医療脱毛は毛の根元を破壊するレーザーによる脱毛なのに対し、エステは根元にダメージを与えるフラッシュ脱毛を採用している違いがあり、エステ脱毛が無痛なのに対し、医療脱毛は麻酔を使っても痛いというのも異なります。
金額は医療脱毛が40万円以上かかかるのに対し、エステ脱毛は20万円以下で施術可能という違いがあります。
施術期間は医療脱毛が1年前後に対し、エステ脱毛は2年近くかかるという違いです。
このような違いがあるのです。

併用はできるの?

併用はできます。
ただ、コストが余計かかってしまったり、施術の方針の違いからかえって期間が長引く場合があるなどデメリットが多いのも事実です。
デメリットになりやすいものの、部位を分けてみる(痛みが出やすいデリケートゾーンはエステ脱毛、それ以外は医療脱毛)ことや時期を分けてみる(前半はエステ脱毛を行い、後半は仕上げで医療脱毛)という併用を行うなどの工夫をすれば効果的な脱毛が期待できます。